NBAバスケットボールベッティングの洞察

nba betting

NBAバスケットボールはスポーツベッティングの敗者を大きなバンクロールのハッピーなスポーツベッターに変える手助けをしてきたゲーム。勝つスポーツベッターに実際に秘密はありません ― NBAバスケットボールはお金を稼ぐ一番簡単なゲームです。ゲーム自体がスポーツベッターに多くの機会とまさに最後まで勝つ能力を与えます。サッカーや野球、ホッケーとは異なり、NBAバスケットボールには得点制限がありません。賭けた方がかなり負けていても勝っていても、どれだけ時間が残っていても関係ありません。ですがNBAバスケットボールでは、あなたのチームはいつでも最後までゲームの中にいます。

少し考えてみましょう。サッカーで優勢な方に-8ポイント賭けて、試合が残り6分で同点、相手チームがボールを持っています。実際に勝利のショットがありますか?答えはおそらく「いいえ」です。ですが、NBAバスケットボールゲームに同じ状況を当てはめてみましょう。4分を切って、残り2分。8ポイントをカバーするショットが実際にありますか?もちろん!チームは24秒以内にボールをシュートしなければなりません。各ゴール得点には2~3点の価値がありますから。8ポイントにするには、3~4ゴール得点が必要なだけです。仮に相手チームも得点を入れることができますが、NBAでは、チームが接戦の時にはゲーム終了の2分間は長い時間です。

別の品色を見てみましょう。バスケットボールやサッカーのハーフタイムを想像してみてください。バスケットボールの第5イニング、ホッケーでは第2ピリオドです。次の4つの品色で最高の結果はどれだと思いますか?

1.野球でベットするチームが6本のホームランで負けている。

2.ホッケーでベットするチームが3ゴールで負けている。

3.サッカーでベットするチームが21点負けている。

4.NBAバスケットボールでベットするチームが22点負けている。

答えはもちろん「4番」。最初の3つのオプションでは、追いつくには厳しい得点です。返り咲きがあることもありますが、NBAではチームはいつでも得点を入れます。どのシーズンでも10点、15点、20点負けていても勝つチームがいます。他のゲームでも劣勢の方が大敗したり、数点で負けることもよくあります。NBAではゲーム終了まで動きます。他のスポーツでも同じことが言えますか?

最後に、NBAトータルについて話しましょう。ゲームで合計得点に賭けることは(アンダーまたはオーバー)は、あなた自身のことで、あなたひとりではありません。合計得点へのベッティングの雰囲気をつかむことができる人は、ほとんどの成功しているスポーツベッターの中にいるというセオリーがあります。そのセオリーを熟考することができますが、確かにとても重要な考えを指摘しています。NBAバスケットボールのトータルベッティングは勝利の機会にあふれています。スポーツブックはスプレッドも同様にそれを設定していません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *